鬱向き加減 改め Good Times Rollin'

Nikkor Ai35/2.8

先日申しました通り、F-301に着けるレンズが届きました。
d0067866_1951266.jpg

ペンタックスでは28mmと50mmを使っていて、35mmを持ってなかったので、ニコンは35mmにしようと思ってました。
そこで考えたのですが、私、28mmと50mmで大抵のことを済ませて来たので、あまり35mmの画角に慣れないのではないかと。しかし、実際撮影に入ると、これがまったく逆に、非常に撮りやすい画角であると感じたのです。
ここで思い出したのが「焦点距離年齢説」。写真家、高梨豊氏の経験則だそうですが、年齢とともに常用焦点距離が変わってくるという話しです。
先日、36歳になった私には、まさにピッタリの焦点距離なのかもしれません。
d0067866_19515456.jpg

あと、F-301を実際使ってみて、思ったのが、シャッター音(巻き上げのモーター音も)がかなりにぎやかで、「撮ってる」と思わせてくれます。
ここのところコンパクトデジタルや紅梅HM-1など、シャッター音のあまりしないカメラを使っていたので、余計にそう感じるのかもしれません。
d0067866_19521952.jpg

しかし、街中でのキャンデットフォトでは、ちょっとうるさく感じてしまいます。意外に、ちょっと長いレンズを着けてのポートレートとかいいかもしれません。
d0067866_1954690.jpg

[PR]
by naoki_hino | 2011-08-26 19:54 | Lens