鬱向き加減 改め Good Times Rollin'

ヤシカ エレクトロ35 MC × ネオパン400プレスト × ミクロファイン

久々にヤシカ エレクトロ35 MCの登場です。今回はネオパン400を詰めて、実戦撮影を行いました。実戦に先立ち考えたのが、ほとんど昼間しか撮影しない私には、ISO400はあまり必要ではないのではないのかということでした。紅梅やルーキーで、TMAXをEI200で撮影していて、困ることもないし、デジタルもGRDはISO200固定で撮ってるので、35mmもEI200でいってみようか思ったのです。そこで問題が現像。モノクロ現像といえば「D76」としてきたのですが、ネオパン400をEI200で撮影して、D76となると、意外とデータがないんです。まぁ、そこは実験で、いろいろやってみるのもいいかな?とも思ったのですが、ネオパン400をEI200となると必ず出てくるのが「ミクロファイン」だったのです。正直、私はそんなに微粒子にこだわるつもりもないのですが、ここはモノは試しと「ミクロファイン」で現像してみました。

上がりをスキャンして、トーンがきれいだな〜、というのが感想です。とはいえ、実は先日のD76での現像は、液温計がダメになってたのが、あとになってわかりまして…。かなり液温が低い状態だったようで、薄いネガになってしまいました。単純に比較できませんが、スキャンの具合はミクロファインの方が好きかな?という感じです。
というわけで、スキャン画像を。
d0067866_2215411.jpg

撮影した日は,天気もよかったのでコントラストは高いですね。
d0067866_2221230.jpg

この日は、入院している友人のお見舞いに、郊外の街まで出かけたついでなのですが、駅裏の寂れ具合がなかなかモノクロとマッチしていました。
d0067866_2223067.jpg

この青空の感じ、久々にモノクロで撮って、良いな〜と思いました。色がないのに、色を感じさせるトーンの出方です。
d0067866_2225026.jpg

たまたま住宅街を通り抜けてた時に出くわしました。見事に逆光です。やはりこのエレクトロのレンズ、逆光だと若干フレアが出ます。

実際にプリントしてみないとわからない部分が多いとは思いますので、近々焼いてみてどうなるか判断しようと思います。

エレクトロ35 MCは今回の撮影で、本当に気に入りました。まずボディーサイズが私の手に丁度いい。そして40mmという画角も素直な画角でいいな、と思いました。以前トイカメラに凝った時期に、スメナ8を使っていたことがありましたが、その頃から、いい画角だなと思ったました。ただ、スメナのレンズはいいのですが、いかんせんメカがダメで3台買って、3台壊れて諦めました。そんなこともあり、久しぶりの40mmでちゃんと使えるカメラなので、嬉しいですね。そして、ピントが目測というのが、撮影のリズムを崩さず、サクサク撮影できるという点も大きいですね。昼間の撮影なら、絞りはf8〜16ぐらいに絞るので、ピントは目見当で大体大丈夫です。それよりも、正確にピントを合わせようとするうちにリズムが狂ってくるのがイヤなんですよね。
話しはずれますが、コンデジのAFも遅くて、とてもじゃないですが、待てません。なのでGRDでスナップする時はスナップモードといって、ピントを2.5m固定にして撮ってます。これでf5.6まで絞れば、ほぼパンフォーカスになるので、シャッター押せば、大抵写ります。

という感じで、だんだん一眼レフが使わなくなりそうなんで、また使ってあげなきゃな〜と思ってます。
[PR]
by naoki_hino | 2011-11-08 02:24 | Photo