鬱向き加減 改め Good Times Rollin'

RawTherapeeとPowerShot A 590IS

d0067866_20275525.jpg
随分前にジャンクで拾ってきたPowershot A 590ISに以前紹介した、CHDKを導入して、フリーのRaw現像ソフトRawTherapeeで現像したみました。

RawTherapeeはLinux、Mac、Windowsで使える、フリーのRaw現像ソフトです。
OSがLinux(Ubuntu14.04)を使っている私には、ほぼ唯一のRaw現像ソフトです。
d0067866_20274945.jpg
以前からインストールだけはしていたのですが、なかなかRawで撮影せずにいました。

「Raw現像は手間が掛かりそうだし、マシンスペックもいるし、メンドウね」という感じだったのですが、いろんな方の写真を見るうちに、やはりRaw現像も一つ考えてみるべきかなというところに至りました。

ただ、手持ちのカメラでRaw撮影出来るのが、EOS kiss D N とNEX-3Cで、折角なので、使ってなかったPowershot A 590ISにCHDKを導入して、Raw現像してみました。

RawTherapeeの使い方は、詳しく記載されている方に譲るとして、Powershot A 590ISの撮ってだしJpegとDNGファイル、現像した画像を載せます。

d0067866_20274273.jpg
撮ってだしJpeg
d0067866_20273731.jpg
CHDKで撮影したDNG
d0067866_20272539.jpg
RawTherapeeで現像


撮ってだしJpegは十分にきれいです。ホワイトバランスや彩度、シャープネスも十分にかけてあるのが、DNGファイルを見るとよくわかります。

RawTherapeeで現像した画像は、もうちょっとホワイトバランスを見た目に近く持って行って、全体の明るさも明るくした感じです。

まだまだRaw現像はわからないことだらけで、これから少しずつ勉強なのですが、思ったほど手間がかかるということもなく現像できるので、これからは積極的にRawでの撮影をしていきたいと思いました。

でも、古いとはいえ、DIGICⅡ。きれいです。
[PR]
by naoki_hino | 2016-07-02 20:53 | その他