鬱向き加減 改め Good Times Rollin'

カテゴリ:その他( 8 )

RawTherapeeとPowerShot A 590IS

d0067866_20275525.jpg
随分前にジャンクで拾ってきたPowershot A 590ISに以前紹介した、CHDKを導入して、フリーのRaw現像ソフトRawTherapeeで現像したみました。

RawTherapeeはLinux、Mac、Windowsで使える、フリーのRaw現像ソフトです。
OSがLinux(Ubuntu14.04)を使っている私には、ほぼ唯一のRaw現像ソフトです。
d0067866_20274945.jpg
以前からインストールだけはしていたのですが、なかなかRawで撮影せずにいました。

「Raw現像は手間が掛かりそうだし、マシンスペックもいるし、メンドウね」という感じだったのですが、いろんな方の写真を見るうちに、やはりRaw現像も一つ考えてみるべきかなというところに至りました。

ただ、手持ちのカメラでRaw撮影出来るのが、EOS kiss D N とNEX-3Cで、折角なので、使ってなかったPowershot A 590ISにCHDKを導入して、Raw現像してみました。

RawTherapeeの使い方は、詳しく記載されている方に譲るとして、Powershot A 590ISの撮ってだしJpegとDNGファイル、現像した画像を載せます。

d0067866_20274273.jpg
撮ってだしJpeg
d0067866_20273731.jpg
CHDKで撮影したDNG
d0067866_20272539.jpg
RawTherapeeで現像


撮ってだしJpegは十分にきれいです。ホワイトバランスや彩度、シャープネスも十分にかけてあるのが、DNGファイルを見るとよくわかります。

RawTherapeeで現像した画像は、もうちょっとホワイトバランスを見た目に近く持って行って、全体の明るさも明るくした感じです。

まだまだRaw現像はわからないことだらけで、これから少しずつ勉強なのですが、思ったほど手間がかかるということもなく現像できるので、これからは積極的にRawでの撮影をしていきたいと思いました。

でも、古いとはいえ、DIGICⅡ。きれいです。
[PR]
by naoki_hino | 2016-07-02 20:53 | その他

グループ展に出します。

d0067866_10562329.jpg

この度、暗室を置かせてもらっている、art space tetraにて、12/22より行われるグループ展「部屋を飾る/絵画・写真」に出展させて頂きます。

今回は、「部屋に飾る」というコンセプトで、部屋に飾りたい作品を見つけてもらおうと、ギャラリーの1階に喫茶スペースを設けたり、3階はモデルルームにして、部屋に飾った時の印象をより実感してもらえるような展示になります。

また、今回の展示は、写真だけでなく、絵画など平面作品を総勢、12名出展という、賑やかな展示になりそうです。

私は、紅梅で撮影した、6切のモノクロを5点出します予定です。

お近くの方は、是非おいで下さいませ。
[PR]
by naoki_hino | 2013-12-13 10:56 | その他

万能マルチ充電器USB搭載バッテリーチャージャー

先日から、舌の根も乾かぬうちに、何故かコンパクトデジカメがいくつか転がっている訳なのですが、特にジャンクで拾ってきた際に困るのが、充電器だと思います。

そこで探してみると、様々なバッテリーに対応した充電器というものを見つけました。

とはいえ、最近量販店でも売ってはいるのですが、ちょっと高い。しかし、今回見つけたのは、本体350円というお値打ち品。
d0067866_1637366.jpg


この製品、USB製品の充電も出来るようです。
しかし、ご覧の通り、バッテリーの電極と横幅を合わせるだけのものなので、ハメただけでは、上手く充電できませんでした。

そこで、上手くいったのは、輪ゴムでくくるという原始的な方法でした。
d0067866_16373052.jpg


これで上手く充電はできるのですが、充電しっぱなしにしてると、勝手に放電する仕組みになっているようで、いちいち確認しながらでないと、残念な結果になります。

まぁ、値段を考えるとこんなものかな、とも思うのですが、一個あると便利だと思います。
[PR]
by naoki_hino | 2013-10-23 16:38 | その他

フジ レンブラントV G2(ポストカード)

先日、フジよりダークレス、ネオパンSS、レンブラントの製造中止のニュースを聞いて、「フジもバライタ止めるんだ〜」とちょっと感慨深いものがありました。
私の周りでも、「作品制作は安定供給されているペーパーがいい」とレンブラントを使われていた方が多いので、今後どうされるのだろう、とちょっと心配になります。
かくいう私も、そろそろまたバライタで、と思っていた矢先なので、ちょっとショックです。

といろんな思いを抱えながら、暗室に行って暗室の掃除をしていたら、見つけたのがこれです。
d0067866_21174257.jpg

いつ買ったかも覚えていないのですが、とうに期限は切れています。きっと、年賀状をモノクロでやろうとして、そのままになっていたのでしょう。

折角なので、ちょっとプリントしてみました。
d0067866_2118088.jpg

d0067866_21181335.jpg

d0067866_21182842.jpg

上の三枚は紅梅HM-1です。
d0067866_21184641.jpg

d0067866_2119297.jpg

二枚はヤシカ ルーキーです。
ドライダウンも少なく、カーリングも少なく、いいペーパーだな〜、と思ったのですが、すでに在庫も払拭しているようです。

と、暗い話しになってしまいましたが、オリエンタルが新しいペーパーを出しましたね。ちょっと期待しています。
[PR]
by naoki_hino | 2012-07-25 21:19 | その他

コンパクトカメラで減感撮影〜DXコード改変

今、我が家には動くコンパクトカメラがオリンパスμとリコーR10の2台あるのは以前も書いた通りなのですが、これを有効に使う手はないかと考えていました。しかし、カラーはGRDで事足りてるし、カラー自家現像までやりだすと大変そうなので、今はちょっと置いておくとして。モノクロとなると、ネオパン400をEI200に減感してるからな〜、とちょっと諦めかけてたところに、「そういえば」と思い検索したところ、それなりにやってらっしゃる方がいらっしゃるので、やってみました、DXコードの改変です。
まず、DXコードですが
d0067866_20412730.jpg

上の写真の順番で並んでいて、感度をカメラが感知するようになっています。
黒い部分は絶縁部、銀色のところが通電部です。
下の表の黒は絶縁部、白は通電部です。
感度 1 2 34 5
25 ■■■□■
32 ■■■■□
40 ■■■□□
50 □■■□■
64 □■■■□
80 □■■□□
100 ■□■□■
125 ■□■■□
160 ■□■□□
200 □□■□■
250 □□■■□
320 □□■□□
400 ■■□□■
500 ■■□■□
640 ■■□□□
800 □■□□■
1000 □■□■□
1250□■□□□
1600■□□□■
2000■□□■□
2500■□□□□
3200□□□□■
4000□□□■□
5000□□□□□

要は、この通電部と絶縁部の組み替えをしてあげるということです。
ちなみに、私の場合、ISO400から200にするには、1と2の絶縁部を通電させて、3の通電部を絶縁させることで、カメラはISO200のフィルムと認識します。

では、実際にやってみます。
準備するものは、これだけ。
d0067866_20414842.jpg

通電させるためにヤスリを使いますが、ヤスリは紙ヤスリでもいいと思います。絶縁するためのテープも、電気を通さなければ何でもいいです。
d0067866_20421068.jpg

まず3にテープを貼ります。
d0067866_20423438.jpg

1、2を通電させるためにヤスリで削ります。この時、大体どの辺りがカメラのDXコードの接点に当たるかを確かめてた方がいいかと思います。
d0067866_20425597.jpg


これで出来上がりです。
一応確かめたいので、我が家唯一のDXコードの表示出来るジャンクなMZ-5にフィルムを入れてみると、ちゃんとISO200と表示されました。
d0067866_20431612.jpg

これで、2台のコンパクトでも、ネオパン400の減感撮影が出来ます。
結果はまたおいおい。
[PR]
by naoki_hino | 2011-12-08 21:01 | その他

ローライ R3×紅梅HM-1

ちょっと前の話しなのですが、私の住んでいる近所に、プロ機材を主に扱いながら、写真好きの集まれるスペースを作られてたお店がありました(今は事務所のみでスペースは無くなったのですが)。そこのオーナーとはMixiで今でも仲良くさせて頂いているます。そのオーナーから「モノクロやられてるんでしょ、ならあげますよ」と言われて頂いたのが、このフィルムでした。
d0067866_21123952.jpg

頂いたはいいのですが、そのころはすっかり自家現像もしなくなってた時期で、でも折角のいいフィルムをラボ出しももったいないと、お蔵入りになってました。

で、最近こいつを発掘して、使ってみようと思ったのですが、まず現像のデータ探しをしてみると、ご丁寧にメーカーのPDFが見つかりました、
そこで、見てみると、なんと EI200 D76 原液 20℃ 10分 とあります。
最初、1:1の見間違えかと思いました。
さらに、いろいろと読んでみるとこんなことも書いてありました。
「異なる感度のいくつかの素材を置換することが出来るフィルムを作るために、いろいろな感光エマルジョンは、異なるサイズのハロゲン化銀として塗布され、カラーフィルム同様、異なる感度をもつ3つのエマルジョンのコーティングによる工程で製造されていて、また、適切な現像液を用いることにより、ISO25からISO6400の範囲をカバーする。」
なんと贅沢な作り方でしょう!一本いくらしたかは知りませんが、かなり高かったのではないかと思います。

d0067866_21131611.jpg

では、早速使ってみました。撮影は当然いつもと何ら変わらず EI200で撮影。
その後、すぐに現像したのですが、ここでまた注意点としてPDFに書いてあったのが「必ず前浴すること」ふだん前浴しない私なので、そんなもんなんだ〜と思いましたが、やってみてわかったのが、排出液が、毒々しい緑色をしています。きっとハレーション防止層なんでしょう。
あとは、現像時間が長いだけで、いつもと一緒です。
d0067866_21134493.jpg

T-MAXに比べるとベースが透明ですね。

上がりはこんな感じです
d0067866_21141241.jpg

d0067866_21143479.jpg

d0067866_21145566.jpg


ただ、こんな贅沢な作りのフィルムはもう使えることもないだろうな〜と思います。
私には、普通に手に入るフジやコダックで十分な気がしました。
[PR]
by naoki_hino | 2011-11-25 21:16 | その他

アンドロイド用アプリ「beeCam LightMeter」

先日来、携帯電話の調子がよろしくなく、機種変更を行いました。当方、Willcomを長年使っておりますので、今更キャリアは変えたくない、というのもあり、スマートフォンも使ってみたい、となると、「Xplate × Dell Streak」という、通話とメールしか出来ない端末と、通話の出来ないスマートフォンの2台組み合わせで一契約という、なんとも不思議な選択肢しかなかったので、「まぁいいか」と機種変更を行いました。
d0067866_19321626.jpg

しかしそこはアンドロイド端末のDell Streak、アプリケーションは星の数程あります。暇さえあればいじって遊んでいるのですが、写真・カメラ関係のアプリもまた数多く存在します。

そんな中で、ちょっといいな、と思ったのが「beeCam LightMeter」入射光型露出計アプリであります。
下の写真の通り、非常にわかりやすい表示になっています。
設定を変えることにより、絞り・シャッタースピードを1段・1/2段・1/3段とステップ数の変更も可能です。

せっかくなので、手持ちの露出計と比較してみましたが、ほぼ同じ値を示しています。
d0067866_19324071.jpg

これで、「露出計忘れた!」という時も安心です。
また、露出計の付いてないカメラを買ったはいいが、露出に不安がある、という方にもオススメです。

こんなのが無料で手に入るとは、いい時代になったものです。
[PR]
by naoki_hino | 2011-08-18 19:33 | その他

Macで使えるフリーのデータ復旧ソフト「Photorec」

ご無沙汰しております。
先月から、ちと忙しくなり、更新サボってました。まぁ、梅雨時期という事もあり、あまり写真は撮ってなかったんですが.
ところで、皆さんはデジタル画像の保存は如何なさってますか?
私の場合、外付けHDDに入れて、DVDに焼いての2段構え(といっても、DVDに焼くのが貯まってまして…。)なのですが、ある日、余計な事して、HDDを初期化してしまいました。
DVDに焼いていた分もあるんですが、焼いてない分もあり、とりあえず復旧させたい、と思い、いろいろと調べたのですが。業者さんに頼むのは、とても金銭的に無理!。市販のデータ復旧ソフトも高くはないが、安くもないお値段、しかもシステム的にいろいろキビシかったので、フリーで、しかもMacで使えるものを、と探すと、これくらいしか出てきませんでした。
d0067866_20281957.jpg

「Photorec」というフリーのソフトで、Windows、Macだけでなく、Linuxでも使えるという優れモノ。しかし、英語版のみでインターフェースもCUIという、ちと取っ付きにくい面もあるソフトですが、背に腹変えられないので、使ってみました。
使い方などは、ググれば結構出てくるので、割愛しますが、画面はこんな感じです。
d0067866_20284468.jpg

まだ復旧途中ですが(150GBほどのデータなので、まだ時間はかかりますが)、いくつかチェックした画像は、ちゃんと復旧されてました。
ちなみに、
概要はこちら(英語)
ダウンロードはこちら

いざという時に入れておいてもいいソフトだと思います。
[PR]
by naoki_hino | 2011-07-09 20:29 | その他