鬱向き加減 改め Good Times Rollin'

<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

紅梅HM-1 試写

お待たせいたしました。「紅梅HM-1」の試し撮りのネガがあがってきました。
まずはこんな感じ。
d0067866_18215078.jpg

ILFORD XP2 SUPER
ちゃんと写りました。ひとまず安心!
写りも思いのほかイイ!まぁ絞りをf22まで絞ってるので、そりゃちゃんと写りますか。でも、思ってた以上にシャープですね。コントラストはそんなに高くはないですね。

では次、目測では恐怖(?)の近距離撮影では。
d0067866_1822155.jpg

ILFORD XP2 SUPER
これもちゃんと写ってました!f11ぐらいなので、ちょっと心もとなかったのですが、以前の目測の勘は鈍ってなかったようです。

最後に、無限遠。
d0067866_18223783.jpg

ILFORD XP2 SUPER

若干、周辺光量が落ちた感じはしますが、よく写ってると思います。右下はちょっとカブってるのかな?

撮影した日の天候が良かったのもあってか、総じていい結果が出ました。
オークションで1600円で落札したカメラとしては、十二分の写りに満足してます。
これからも、ゆっくり撮影したい時に使いたいカメラです。
当然、ピーカン専用機ではありますが…。
といいつつ、単独距離計が気になる今日この頃でした。
[PR]
by naoki_hino | 2011-04-28 18:25 | Photo

DigitalMonochrome

一時期、ちょっとだけリコーR10(デジタルの方)でモノクロスクエアばかり撮ってました。
撮るだけ撮ったけど、出す場がなかったので、こちらで。
d0067866_14471868.jpg

d0067866_14473532.jpg

d0067866_14474955.jpg

d0067866_1448530.jpg


いくつかはインクジェットプリンタで出力したんですが、まぁいいかな?って感じ。
銀塩バライタと比べると、紙のそんなにいいの使ってなかったし、プリンタも古い(EPSON PM3700C)から全然ですが。もうちょっと工夫すれば、A4ぐらいの小品なら、展示してもいいかな?
と思ってます。
実は、あそこでやりたい、と思ってハコもあるんですが、どうなることやら。
[PR]
by naoki_hino | 2011-04-19 14:54 | Photo

二台のコンパクト μ R10

先にお詫びを。「紅梅 HM-1」のネガがまだ上がっておりません。
近々アップいたしますので、お楽しみに!

今では、コンパクトカメラといえば、皆さんもデジタルを使われてる方が多いと思います。
私も初代GRDで頑張ってますが、「そういえば」とカメラBOXの中をガサゴソやると、出てきました。
銀塩コンパクト機。しかも二台とも単焦点。
d0067866_1950186.jpg


一台はオリンパスμ(35mm 1:3.5)
もう一台はリコーR10(30mm 1:3.5)

オリンパスμはかの森山大道氏が使い倒した(?)名機ですね。
このカメラ、どうやって入手したかは、覚えてません!
ひょっとしたら、500円ぐらいでジャンクボックスから拾い上げたか、友人から譲り受けたかだと思うのですが…。
まともに使った記憶が無いです…。

リコーR10(デジじゃないですよ)は、結構思い入れのあるカメラです。
というのも、初めて、そして唯一新品で買った銀塩カメラだからです。
当時(7〜8年前)はオリンパスOM-1に28mm、Tri-xでガンガンスナップ撮ってたんですが、ストロボが付いたコンパクトがサブで欲しいな、と思い買ったカメラです。
当時、ビックカメラで8000円ぐらいで買ったと記憶しています。

探せば、当時のネガはあるはずですが、まったくネガの管理が出来てなくて、どこえやら状態でして…。

しかし、この二台、またフィルムを入れる時が来るのか?と思うと複雑ですね〜。
と、この文章書きながら、弄ってたら、なんと動くじゃないですか!
もうダメかなと、ある意味、カメラ供養的に書いてたんですが、動くし、しかもμに至ってはNEOPAN400が入っているとは。

久々にこれで撮ってみようかと思います。
[PR]
by naoki_hino | 2011-04-15 20:10 | Camera

「紅梅 HM-1」

随分ご無沙汰しております。
というのも、最近全然フィルムで撮ってませんでした。

一時期、気の迷いから、銀塩機材の殆どを売ったり、あげたりして、もうフィルムで撮ることは「ない!」と一部では明言してしまったほどでした。
しかし、デジタルばかりだと、ちゃんとした写真は撮れるんですが、なんと言うか、遊びの部分がなくて、ちょっと退屈な思いもありました。

ある日、何気なくYahooオークションでデジタル機材を見ていたんですが、「そういえばフィルムカメラもちょっと」と見ていると、やっぱり楽しいんですよね!
モノとしてのカメラという部分では、やはり銀塩カメラの方が面白いと思うんです。

で、フィルム復帰に際して、何か一台となった訳ですが、いろいろと見ていて、高いカメラを買える経済状態ではない私が選んだのが、蛇腹カメラ。
形もクラシックだし、蛇腹の開け閉めになんとなくギミックを覚えたからです。
もちろん、スーパーイコンタとかベッサとかになると買えないので、国産のでも、と物色していて見つけたのがこのカメラ。
d0067866_1749177.jpg

「紅梅 HM-1」です。
中国製のこのカメラ、梅のエンブレムが可愛いですね。
d0067866_17492132.jpg

詳しい紹介は他の方にお任せしますが、なんと言っても、コンパクト。
蛇腹をたたむと厚さ約42mm、厚さだけならGRDとそう変わりません。
d0067866_17494371.jpg

レンズは「1:4.5 f=7.5cm」とあるだけ。
なんとなく清い感じすらします。

ということで、まだ撮影はしてないのですが、この「紅梅 HM-1」と売れ残った「ヤシカ エレクトロ 35CCN」で銀塩復活いたします。
撮影して、ネガがあがってきたら、またこちらで報告いたします。
[PR]
by naoki_hino | 2011-04-06 17:50 | Camera