鬱向き加減 改め Good Times Rollin'

<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Nikkor Ai35/2.8

先日申しました通り、F-301に着けるレンズが届きました。
d0067866_1951266.jpg

ペンタックスでは28mmと50mmを使っていて、35mmを持ってなかったので、ニコンは35mmにしようと思ってました。
そこで考えたのですが、私、28mmと50mmで大抵のことを済ませて来たので、あまり35mmの画角に慣れないのではないかと。しかし、実際撮影に入ると、これがまったく逆に、非常に撮りやすい画角であると感じたのです。
ここで思い出したのが「焦点距離年齢説」。写真家、高梨豊氏の経験則だそうですが、年齢とともに常用焦点距離が変わってくるという話しです。
先日、36歳になった私には、まさにピッタリの焦点距離なのかもしれません。
d0067866_19515456.jpg

あと、F-301を実際使ってみて、思ったのが、シャッター音(巻き上げのモーター音も)がかなりにぎやかで、「撮ってる」と思わせてくれます。
ここのところコンパクトデジタルや紅梅HM-1など、シャッター音のあまりしないカメラを使っていたので、余計にそう感じるのかもしれません。
d0067866_19521952.jpg

しかし、街中でのキャンデットフォトでは、ちょっとうるさく感じてしまいます。意外に、ちょっと長いレンズを着けてのポートレートとかいいかもしれません。
d0067866_1954690.jpg

[PR]
by naoki_hino | 2011-08-26 19:54 | Lens

Nikon F-301

先日、いつもの様に天神のキタムラ、2階の中古コーナーを冷やかしに行ったら、置いてあったんで拾ってきました。
d0067866_20452879.jpg

このF-301、ジャンクでも何でもないのですが、価格はジャンクカメラ並みのお値段。ちょっとビックリしました。ジャンクではないので、電池を入れれば当然、ちゃんと動きました。しかし、いくら人気がないとは言え、天下のFマウントボディーが、千円ちょっとで買えるというのは、如何なものなのでしょうか?

あと、動きはしましたが、まだ撮ってません。というか撮れません。レンズがないのです。以前はD70とFM2にFマウントのレンズも何本か持っていたのですが、一時期の気の迷いから、ニコンをすべて放出してしまいまして。ジャンク扱いの安い玉も一緒に買おうかと悩んだのですが、折角の機会なので、単焦点の安いのをオークションで手に入れようと思い、先程落札しました。
これでペンタックスとニコンを持つことになったのですが、どう使い分けようか思案中です。
とりあえず、レンズが届いて、撮ってみて考えようと思います。
d0067866_20475565.jpg

プラボディーですが、直線を基調としたデザインか、なかなかカッコいいと思うのですが…。
[PR]
by naoki_hino | 2011-08-23 20:50 | Camera

アンドロイド用アプリ「beeCam LightMeter」

先日来、携帯電話の調子がよろしくなく、機種変更を行いました。当方、Willcomを長年使っておりますので、今更キャリアは変えたくない、というのもあり、スマートフォンも使ってみたい、となると、「Xplate × Dell Streak」という、通話とメールしか出来ない端末と、通話の出来ないスマートフォンの2台組み合わせで一契約という、なんとも不思議な選択肢しかなかったので、「まぁいいか」と機種変更を行いました。
d0067866_19321626.jpg

しかしそこはアンドロイド端末のDell Streak、アプリケーションは星の数程あります。暇さえあればいじって遊んでいるのですが、写真・カメラ関係のアプリもまた数多く存在します。

そんな中で、ちょっといいな、と思ったのが「beeCam LightMeter」入射光型露出計アプリであります。
下の写真の通り、非常にわかりやすい表示になっています。
設定を変えることにより、絞り・シャッタースピードを1段・1/2段・1/3段とステップ数の変更も可能です。

せっかくなので、手持ちの露出計と比較してみましたが、ほぼ同じ値を示しています。
d0067866_19324071.jpg

これで、「露出計忘れた!」という時も安心です。
また、露出計の付いてないカメラを買ったはいいが、露出に不安がある、という方にもオススメです。

こんなのが無料で手に入るとは、いい時代になったものです。
[PR]
by naoki_hino | 2011-08-18 19:33 | その他

人のカメラを買うのについて行く

一昨日、暗室のある旧大賀APスタジオのメンバーで、ミュージシャンのM氏より「カメラを買いたいからついて来て欲しい」と言われ、ついて行くことになりました。なんでも、せっかく暗室が出来たから、銀塩カメラを使ってみたいとのこと、しかし、M氏、カメラを買うのは初めてという。これは大変なことになったな〜、と内心ちとビビりつつも、銀塩の良さを伝えるという大事な任務なので、後には引けない。「じゃあ行きましょう」ということで、昨日天神のカメラのキタムラ2F中古コーナーへ行ってきました。
何でも、予算は15〜20K、マニュアルフォーカスのカメラをご要望というので、しショーケースを一通りみて、私が進めたのは「ペンタックスMZ−M」これなら、プログラムオートからマニュアル露光までしっかり対応し、安くて豊富なKマウントレンズ、さらには広大なM42レンズも使えると力説するも、イマイチ乗り切れなさげ。そこで、「じゃぁ、どのカメラを使ってみたいです?」と問うてみると、「これがいいかな?」と指差された先にあったカメラは「ニコンFG−20」だったのです。正直、このカメラの素性を知らず、焦ったのですが、「まぁ多分、絞り優先AE機だしいいかな?」と思ったのですが、問題はレンズです。そこは天下のNikkorレンズ、50mm f1.4だとそれだけで15〜20Kはしてしまう。始めの一本は50mmを、と言ってしまったため、もうこの時点で軽くパニック状態の私。そこで、困り果てながらもよ〜くショウケースを見渡してみると、あるじゃないですが「Series E 36-72 3.5」これなら予算の範疇だし、F値固定で使いやすいしということで、進めてみると、「うん、いいですね」ということで、購入決定!
さて、店員さんに「FG-20」と「36-72 3.5」をお願いして、チェックしてみると、どうも様子がおかしい。シャッターダイヤルを「A」にして、絞りをいじってシャッターを切ってみても、どうもシャッター速度が変わらない。ここでまた軽くパニック状態の私、あれこれやってみても速度は変わらないし、もう諦めて、店員さんに言ってみると、奥にいたベテラン店員さんが、「電池入ってないよ」と僕についた店員さんに一言。慌てた電池を入れてくれて、僕にカメラを渡してくれて、再度チェック。お〜っ、ちゃんとシャッター速度変わってる!人間何事も焦りは禁物ですな。一安心してM氏の支払いを見届けて、キタムラ天神店を出たのでした。
d0067866_1120116.jpg

しかし、試練はそれで終わりではなかったのです。絞りとシャッタースピードの関連性、被写界深度、フィルム感度の話しなど、一通りのカメラを扱う上での知識を説明しなければならないのですが、舌ったらずの私には、なかなか難しい任務でしたが、1時間ほど近くの喫茶店での説明で、どうにか理解してくれたようです。

なんでも、M氏は今日、大分にショートトリップで、昨日買ったカメラを持って行ってるとのこと。ちゃんと撮れているのを願うばかりなのであります。
d0067866_11204850.jpg

ご満悦のM氏
[PR]
by naoki_hino | 2011-08-07 11:24 | Camera