鬱向き加減 改め Good Times Rollin'

SONY DSC-V3

d0067866_15162452.jpg
このカメラ、たまたまオークション眺めていて、ほぼ一目惚れで落札しました。
いかにも写りそうな気がしたんです。

調べてみると、発売は2004年。私の友人が持っている、当時としては異色のカメラ、DSC-R1のほぼ1年前の発売。
スペックは、撮像素子が1/1.8型・有効720万画素CCD。レンズはカールツァイス「バリオ・ゾナー」35mm判換算で34-136mm相当の光学4倍ズーム、開放F値はF2.8-4。
露出はプログラムAE、シャッター優先AE、絞り優先AE、マニュアル露出。それから、7種類のシーンセレクションのモードも搭載する。
露出補正は±2EV(1/3ステップ)。シャッター速度は、30秒~1/1,000秒(1/6秒より遅い時はノイズリダクション処理あり
しかし、何よりデザインがゴツゴツしていて、カッコイイ!しかし、この物件、付属品一切なし、動作はしたけど、補償なしのジャンク出品。ちょっとこわかったのですが、落札しました。バッテリーはサードパーティの安いのをこれまたオークションで調達しました。
d0067866_15161973.jpg
背面はこんな感じです。AEロックや露出補正のボタンがボディー左側にあり、光学ファインダーはあまり使えない感じです。
d0067866_15161670.jpg
ちゃんとホットシューも着いています。発売当時は専用のストロボやワイコン・テレコンもあり、システムカメラの様相だったようです。
d0067866_15161231.jpg
シルバーのモードダイアルで露出や再生、セッテイングにアクセスします。下のジョグダイアルで絞りや露出補正を行います。
d0067866_15160714.jpg
バッテリーとメディアはグリップ部に。この機種は、メモリースティックとCFのデュアルスロットになっています。

では、実際に撮影した結果を。

d0067866_15155598.jpg
設定ミスで日付が表示されてしまいました。
すっきりとした、先の細い描写です。ISO200なら、ノイズも気になりません。
d0067866_15154955.jpg
遠景もこんな感じです。順光だったので、雲の感じもよく出ています。
d0067866_15154327.jpg
ワイド端、3mぐらい。さすがに歪みます。
d0067866_15153329.jpg
これは、雨だったので、感度をISO400での撮影。等倍だとノイズが見られますが、大きく出力しない限りはそう気にならない程度です。ちなみに手ブレ補正は付いていません。
d0067866_15152638.jpg
d0067866_15152177.jpg
街中のスナップ。シャープな描写で、気に入りました。絞りはf4.5ぐらいがシャープですね。f8まで絞るとシャープネスが低下します。

古いカメラなので、起動に時間がかかったり、バッテリーの制御が多少おかしくなってたりしますが、シャープな描写とそこそこフォーカスも早いので、実用に耐えれるカメラだと思います。


[PR]
# by naoki_hino | 2016-01-26 15:19 | Camera

AI Nikkor 43-86 F3.5 をデジタルで使ってみる。

d0067866_12490572.jpg
ニコンの迷レンズNikkor 43-86 F3.5 私が持っているのはAi Nikkorの後期モデルのようです。これをいつものようにEOSに着けて撮影してきました。

d0067866_12490055.jpg
最短撮影距離付近で絞り開放です。ボケがあんまり綺麗ではないですね。

d0067866_12485764.jpg
60mmくらい、西日なので、こんな感じの色です。

d0067866_12485154.jpg
60〜70mm付近。

d0067866_12484823.jpg
50mm付近絞りF5.6。なだらかにボケています。

d0067866_12484437.jpg
86mm。
d0067866_12484106.jpg
70〜80mm。

d0067866_12483620.jpg
70〜80mm、糸巻き型の収差が見受けられます。

d0067866_12483249.jpg
これも86mm。

d0067866_12482895.jpg
50mm付近。

d0067866_12482220.jpg
86mm最短撮影距離付近。それほど収差は目立ちません。

ざっと見て、よく言われるような「収差のオンパレード」はAPS-Cの撮像素子のカメラではあまり見受けられないのではないかと思います。
水平垂直をしっかり出して、撮るような撮影には向いてはいないと思いますが、ちょっとしたスナップには十分のレンズだと思います。

ニッコール千夜一夜物語でも、国産初のズームレンズであり、実用的なサイズで、収差はあるものの「実用的な写り」と評しているだけあって、今でも「使えるレンズ」ではないかと思います。


[PR]
# by naoki_hino | 2015-10-14 19:48 | Lens

TAMRON 35-70mm 3.5 CF MACRO (17A)

言わずと知れたタムロンの銘レンズ。
d0067866_10254570.jpg
d0067866_10254265.jpg
70mmで最短25cmまで寄れるマクロズームです。
このレンズ、レンズ全長は、70mm∞で最短長になり、35mm最短撮影距離からピントリングを更に回すと、焦点距離がズームし、最短撮影距離が更に短くなるという、ちょっと変わった機構になっています。

ズームリングに手掛かりがあり、撮影はあらかじめ焦点距離を決めて、ピントを合わせる、というかたちがスマートだと思います。ただし、マクロ時は撮影距離を優先するので、ピントリングを回せば、適切な撮影距離が合わせられます。

今回もカメラはEOS KISS D Nでの撮影です。
APS-Cだと標準〜中望遠という画角になりますが、これはこれで、いつも広角寄りのレンズを使っていると新鮮な気分になれます。

d0067866_10253418.jpg
50mmでf8ぐらい。シャープに写ります。色乗りもわりあいこってりした感じです。

d0067866_10252001.jpg
70mm f8。等倍で見ると、歩いている人の顔もしっかり解像しています。

d0067866_10250524.jpg
70mm 開放。ボケの具合もなかなかいいと思います。

d0067866_10244759.jpg
35mm f8。それほど収差は見られないです。APS-Cセンサーなので、そうなのかもしれません。

d0067866_10243814.jpg
70mm f5.6。最短まではいかないですが、寄っての撮影。

d0067866_10242787.jpg
d0067866_10241411.jpg
d0067866_10240599.jpg
せっかくなので70mmという普段使わない焦点距離なので、ちょっとスナップ。最後のカットは光線状況とレンズの状態(ちょっとカビとクモリ)でふんわりした絵になりました。

総じてよく写る、いいレンズです。銘レンズの名に恥じないレンズです。APS-Cだと、これ一本はちょっと厳しいと思いますので、もう一本広角があれば、大抵のものは撮れます。フィルムだと、これ一本でも、お気楽スナップなら十分だと思います。
[PR]
# by naoki_hino | 2015-08-23 10:29 | Lens