鬱向き加減 改め Good Times Rollin'

Kokura ShortTrip With Olympus Trip 35

先日(とは言っても、2月末)、仲良くさせてもらっている写真仲間が小倉でグループ展をやっているからと、久しぶりに小倉に行ってきました。

写真展は、銀塩モノクロ写真の美を追求する方々の、素晴らしいプリントばかりで、いい勉強になりました。

とは言え、会場には誰も出展者の方が居なかったので、そそくさと会場を後に、小倉の街をブラつきました。


d0067866_21045311.jpg
高速バスで1時間ちょっとで、小倉へ。バス下りてすぐ、こんな感じの商店街。
d0067866_21062304.jpg
ちょっと行くと、こんなレトロな雰囲気の看板も。

d0067866_21064000.jpg
博多はラーメン、小倉はうどん(勝手な思い込み)。

d0067866_21070897.jpg
小倉城!
d0067866_21082614.jpg
小倉城!
d0067866_21074186.jpg
展示も見終わって、これから市場に向かいます。

d0067866_21054647.jpg
旦過市場!
d0067866_21053600.jpg
正に市場です!写真には撮らなかったですが、お店に将棋盤を何個か置いて、おじいちゃん達が将棋を指してるお店(?)もありました。

d0067866_21052538.jpg
d0067866_21152517.jpg
d0067866_21154188.jpg
基本的に、市場には屋根があるので、薄暗く、目測・センレ測光のトリップでは厳しい条件でしたが、思った以上に撮れていました。


普段、なかなか腰が重たくて、遠出しないので、いい小旅行でした。




[PR]
# by naoki_hino | 2015-04-20 21:20 | Photo

FL 35mm f 2.5

d0067866_19011449.jpg
キヤノンは35mmはFD35/3.5があるのですが、たまたま安く見つけたので、拾ってきました。
FLは28・50と持っていて、AL−1で使うには、特に不自由はなく感じているので、35mmもと言う訳です。
それに、開放F値が2.5という、2.8よりちょっとだけ明るいというのに惹かれました。

実際使ってみると、絞りがイマイチ不調で、絞りを明るい方に開ける時にうまくいかず、一度開放にして、また絞るという感じで、まぁ安かったからいいかな、という感じです。
d0067866_18585679.jpg
d0067866_18590947.jpg
直接の逆光ではないですが、こんな感じでも、変なフレアやゴーストもなく、いい写りです。
d0067866_18593403.jpg
d0067866_18594490.jpg
d0067866_18595461.jpg

この3枚は開放での撮影ですが、ちょっと柔らかい描写ですが、いい感じで写っていると思います。
d0067866_19000731.jpg
d0067866_19001829.jpg
d0067866_19003403.jpg
d0067866_19004901.jpg
d0067866_19010523.jpg

このレンズ、前期と後期があり、手持ちのは前期のレンズになるようです。
FLレンズが発売になったのが1964年で、発売時にはラインナップされたレンズなので、約50年以上前のレンズですが、なかなかモダンな写りのレンズだと思います。この辺りはキヤノンかなと思います。


[PR]
# by naoki_hino | 2015-03-23 19:05 | Lens

OLYMPUS 35 RC

d0067866_20433782.jpg

先日、あるカメラ屋さんのジャンクBOXから救出したカメラです。
ぱっと見綺麗で、シャッターは切れるし、距離計も二重像が若干薄いけど問題なさそうだし、マニュアルで使う分には問題無さそうでした。

先日の投稿の「OLYMPUS 35 EC2」と同じレンズなのですが、やはりレンジファインダーが付いているのは、安心して撮影できます。特に被写界深度は浅くなる、曇りの日や、夕方〜夜にかけては、EC2よりこちらを使いたいですね。

実際、試写した日もイマイチの天気だったのですが、やはりピントは問題無しで、一安心でした。

d0067866_20441637.jpg
d0067866_20442779.jpg
d0067866_20443735.jpg
d0067866_20445014.jpg
d0067866_204583.jpg

d0067866_2046164.jpg


写りは流石ズイコーレンズ、シャープでよく写ります。
設計は「日本のオスカー・バルナック」こと米谷美久さんによるもので、プロのサブカメラとしても使えるものを、ということからこのカメラを開発されたとか。
レンジファインダーが着いて、シャッター優先AEとマニュアル露出が可能という、凝った作りのカメラです。

試写は電池の調達が間に合わなかったので、すべてマニュアルでの撮影でしたが、その後電池を入れたら、メーターも動いてくました。
あまり馴染みのないシャッター優先AEですが、やはり露出に迷う時には活用出来そうです。
[PR]
# by naoki_hino | 2015-03-11 20:52 | Camera