鬱向き加減 改め Good Times Rollin'

「紅梅 HM-1」

随分ご無沙汰しております。
というのも、最近全然フィルムで撮ってませんでした。

一時期、気の迷いから、銀塩機材の殆どを売ったり、あげたりして、もうフィルムで撮ることは「ない!」と一部では明言してしまったほどでした。
しかし、デジタルばかりだと、ちゃんとした写真は撮れるんですが、なんと言うか、遊びの部分がなくて、ちょっと退屈な思いもありました。

ある日、何気なくYahooオークションでデジタル機材を見ていたんですが、「そういえばフィルムカメラもちょっと」と見ていると、やっぱり楽しいんですよね!
モノとしてのカメラという部分では、やはり銀塩カメラの方が面白いと思うんです。

で、フィルム復帰に際して、何か一台となった訳ですが、いろいろと見ていて、高いカメラを買える経済状態ではない私が選んだのが、蛇腹カメラ。
形もクラシックだし、蛇腹の開け閉めになんとなくギミックを覚えたからです。
もちろん、スーパーイコンタとかベッサとかになると買えないので、国産のでも、と物色していて見つけたのがこのカメラ。
d0067866_1749177.jpg

「紅梅 HM-1」です。
中国製のこのカメラ、梅のエンブレムが可愛いですね。
d0067866_17492132.jpg

詳しい紹介は他の方にお任せしますが、なんと言っても、コンパクト。
蛇腹をたたむと厚さ約42mm、厚さだけならGRDとそう変わりません。
d0067866_17494371.jpg

レンズは「1:4.5 f=7.5cm」とあるだけ。
なんとなく清い感じすらします。

ということで、まだ撮影はしてないのですが、この「紅梅 HM-1」と売れ残った「ヤシカ エレクトロ 35CCN」で銀塩復活いたします。
撮影して、ネガがあがってきたら、またこちらで報告いたします。
[PR]
by naoki_hino | 2011-04-06 17:50 | Camera